365日育児について考えてみた

子育てをしているとストレスが満載ですよね。パパはなかなか手伝ってくれないし、子供は想定外のことするし。そのストレスをなくす為に考えることを書いていこうと思います。育児は大変!でも少しでもそのストレスを解消する為に!!

寝かしつけでできること

こんにちは、クロです。
子育て中のお母さん、お父さん、いつもお疲れ様です。

我が家でも毎日寝かしつけに苦労しています。
土日は夫がやってくれるのですが、「全然寝ないからその時間が無駄に思える」と不平を言うので寝かしつけでできることをまとめます。

電気を真っ暗にする

小さい電気をつけておくご家庭もあるかと思いますが、全部消した方が見えなくて遊べないので寝ます。

「電気消すと何かあったら怖い」という方がいますが、電気消しても数分で目が慣れておおよそなら見えるようになります。
布団をかけなおしたり、布団から落ちそうな子供を移動させるくらいできます。

物音がしたり、ヤバイなと思ったらすぐに電気をつければいいだけです。

また真っ暗にした方がより熟睡でき、子供の脳を効果的に休ませることができます。

うしろから抱きしめる

大人でもそうですが、人は安心感があると寝やすいです。
後ろから優しくギュッとして、お腹あたりに手を回してあげましょう。

さっきまでゴロゴロ動き回っていたのが、ピタッと動きが止まります。

トントンする

お腹に回した手をそのままトントンしてあげましょう。
強さは人の肩を叩くくらいです。
テンポは子供の呼吸に合わせるのがオススメです。
呼吸を一定のテンポで行うことが入眠への第一歩です。
またこのトントンという動作は妊娠中のママの心音から来ています。
子供がママを近くに感じて安心できます。

ちなみに私はただトントンしていると時間が長く感じるので、「涙くんさよら」や「100%勇気」を心の中で歌っています。
テンポがちょうどいいです。

寝たふりする

Eテレの英語の歌ではありませんが、「ぼくが寝てて、パパとママは何してるの?ぼくも遊ぶ〜」となるので「パパ(もしくはママ)も寝てるよ〜」と見せることが大事です。

この時寝かけていると少しの動きでビクッと反応してしまいますので、寝始めたら微動だにしないように頑張ってみましょう。

しばらく(60秒くらい数える)して動いてみて、反応がなければ寝かしつけ成功です!
お疲れ様でした!