365日育児について考えてみた

子育てをしているとストレスが満載ですよね。パパはなかなか手伝ってくれないし、子供は想定外のことするし。そのストレスをなくす為に考えることを書いていこうと思います。育児は大変!でも少しでもそのストレスを解消する為に!!

子供ができたらなんとなく家がほしいなと思ってる方

こんにちは、クロです。
子育て中のお母さん、お父さん、いつもお疲れ様です。

生涯設計を考えるときになんとなく20代で結婚して、子供を産み、家を買って、子供が成人して、老後は年金で慎ましく暮らすなんて考える方も多いかと思います。

そうお考えなら、妊活を始めたときや妊娠した時点で家を探すことをオススメします。

子供が産まれたら、家を探す余裕も引っ越しもなかなかできません。

子供が産まれたらどうなる

まず子供が産まれたら1ヶ月はなるべく家から出ないようになります。
産まれたばかりの子供は抵抗力がないので、外でウイルスなんかもらってしまうと重症化しやすいからです。

その後もお出かけしたとしても、2〜3時間程度の短いものになります。
電車や車に乗って何件も家を回るのは負担が大きいですし、引っ越しも母子とも何もできません。

また保育園が決まってから引っ越すとまた探さなくてはなりませんし、遠くまで何回も保育園に見学に行くのも大変です。
(都内だと50件も見学に回ったけど入れなかったなんて話も聞きます)

では幼稚園に入るとき、小学校に上がるときはどうかというと…引っ越しをしなければならないので折角仲良くなったお友達と親の都合で離れなければならなくなってしまいます。

更に幼稚園入るときに引っ越そうと機を見ている間には下の子が産まれたりすると、また動けなくなってしまいます。



家を探すのはどれくらいの期間?


ちなみに我が家では3ヶ月でした。
息子が生後半年くらいになった時に土日にどっちかが息子を見ていて、どっちかが物件を見に行きます。それを何回か繰り返し、最後に全員で1・2件見に行きました。
夫が土日に物件を見に行っている間は1週間以上ワンオペですし、夫も平日は仕事で土日は物件探しで休まる時がありませんでした。

しかも保育園申請の直前になってしまった為、車で1時間程度かけて物件を見に行き、場所も限定的でした。

今までで買ったことないくらい高い買い物をするんですから、ちゃんと場所を選んでいい物件を探し、なければ売り出されるまで待つくらいはしたかったです。


本来は物件探しに半年はかけたいところです。
何件か見ていけば傾向が見えてくるので、妥協するところや抑えておかなければいけない点が分かってきます。
その上で今まで見た物件で気になったところはまた見に行ったり、見つからなければ範囲を広げたり、売り出されるまで待ったりします。

更に家をデザインして建てるまでするとなると、少なくとも1年半は見ておきたいところです。

今は家を買うための好機

よくテレビでCMをやっているフラット35という名前を耳にしたことがあるでしょうか。

あれは35年間 固定金利でローンを借りられるということです。
今は超低金利。本来は変動金利と固定金利では固定金利の方が高くなるが、今はほとんど変わらないというレアな状態です。

つまり低い金利のまま35年間ローンを借りられるんです。

この制度はいつまでやっているか分かりませんし、この超低金利がいつまで続くのかも怪しいところです。


また住宅ローン減税という制度もあります。
これはローンを払ってるならその1%分、住民税と所得税を払わなくてもいいですよ、という制度です。
更に詳しく説明すると、住宅ローンの1%分 住民税と所得税が返ってきます。
仮に年末に住宅ローンが2000万円残っているとしたら、1%ですから20万円所得税と住民税を払わなくていいことになります。
金利が1%以下なら利息と相殺できるので、ほとんど利息なしで大金を借りることができるようなものです。

詳しくはこちらのサイトやご自身で検索してみてください。
住宅ローン控除の計算方法と、減税を100%活用する裏ワザとは?



このように住宅を買うメリットもあり、引っ越しなどを考えると子供が産まれる前にさがすべきだと思います。
もしこれを見ているのが奥様の場合、住宅ローンを背負うのは旦那様なので、旦那様を説得するのにはそれなりに時間がかかると思います。

我が家では説得に失敗して、保育園申請の数ヶ月前(説得の1年後)に夫が「月々6万円で家が買える」という不動産屋の広告に飛びつき、大変な思いをしました。
保育園は3駅分見学に行きましたし、生後半年ほどの息子にも多大な負担をかけたと思っています。引っ越し後の段ボールを開けるのも一苦労でした。
でも夫は「保育園に入ってから引っ越したら友達がいなくなっちゃうから息子が可哀想!」と「今しかない!」という雰囲気で家を探しました。

これをお読みのあなたにはそんな思いをしてほしくはないので、ご決断は早めをオススメします。

ちなみに新しい家は暖房性能なども優れている為とても快適で、キッチンやお風呂などの設備のお陰で、育児がとても楽になりました。
そういう意味でもオススメです。